スーツの人

開いた時間で行政書士の資格を取る|通信講座の魅力を紹介

学習のコスパを考える

ウーマン

通信講座で行政書士の資格試験の勉強をする際、選定の大きなポイントの一つが、費用の問題です。一般的に、通信講座は通学講座ほど費用がかからないのがメリットですが、それでもある程度の出費は覚悟しなければなりません。具体的には、主要な数社を比較してみると、最もスタンダードなコースで大体6万程度、必要最低限の基礎コースなら3万程度からというのが行政書士講座の相場です。ただし、全額一気に払わなければならないケースは多くはありません。大抵は分割払いがききますので、支払いについては事前に確認しておきましょう。また、「教育訓練給付金制度」が適用される通信講座もありますので、この対象になっている講座かどうかも重要です。もし条件を満たしていると認定されれば、10万円を上限として費用の20%を立て替えてもらえますから、かなりの負担減になります。そして、費用面で損をしないために最も重要なのは、言うまでもなく「行政書士に合格する」ということです。それも、通信講座の期間を延長すればそれだけ追加費用もかかりますから、一発合格がベストです。そのためには、ただ安い通信講座を探すのではなく、費用対効果が最も高い講座を選びましょう。たとえ合格率の高さを謳う人気通信講座であっても、必ず事前にお試し教材や体験講座を利用して、自分に合った学習法かどうか見極めるべきです。「みんなが選んでいるから」ではなく、最終的な判断は自分で下して納得して始めるのが、行政書士になるための第一歩です。